テーマ:パーカッション

ウインドチャイム

夏休みなので、できるだけ簡単な作例を!と思って作ってみた。 木のコースターに穴をあける。 ボタンと糸を用意する。 ボタンに糸を通してしっかり結ぶ。これを6セット。糸の長さは25cmくらい。余ったら後で切ればいいので長めに。 コースターに開けた穴に通す。 レンチのセット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三板(サンバ)試作3号と4号

三板の続き。 試作3号は竹で作ってみた。 裏はこんな感じ。 これがなかなか良い。適度な重さがあって持ちやすい。 音色を聞いてみよう。 続きまして、試作4号はパドックの板を使ってみた。厚さが5ミリでハガキサイズの板。貼り合わせて厚さ10ミリにしてから削ってみた。 裏は木目が横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三板(サンバ)試作2号

前回の三板は大きすぎ。厚みがありすぎ。 ネットの写真だけではどうしても限界があるので、思い切って現物を購入してみた。 早速、現物を参考に試作2号機を作ってみた。使用した板は100均のまな板。材質はおそらく桐。厚さ9mm。 各板は縦10cm×横5cmのサイズ。 このように上が狭く、下に広がる形が三板の正しい形ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三板(さんば)を試作した

沖縄のカスタネット、三板という楽器を知ってますか? 一見三枚の板をひもでつなげただけに見える楽器だ。ネットの写真を参考にとりあえず作ってみた。 端材箱にあったエゾ松の板を使おう。 この板は縦14cm、横15cm。厚みは15mmだ。 まずはこれを三等分する。 紐を通す穴をドリルで開けた。穴の直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水ドラムを試してみた(動画)

タライに水を張って、ボウル系の丸い底の容器を浮かべるだけ。 簡単な割にはいい音がするのでおすすめ。 説明するよりも、動画を見てもらった方が早いので今回は動画です。 よろしく。 KORG/CH-01 電子パーカッション クリップドラムキット Drum Kit CLIPHIT【コルグ】【送料無料】楽器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・竹しゃもじのパタパタ鳴子

元記事は↓ http://kanehiro3.at.webry.info/201410/article_1.html こちらを踏まえてからこの記事をご覧下さいね。 さて、これをワークショップ用にアレンジしました。しゃもじは100均で買いました。 変更点は、牛乳パック→工作用紙(厚紙)2cm×30cm ペット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カホン型シェイカーを作ってみた

カホン型、とは平たく言えば直方体だ。 板を切って、箱を作ればいい。簡単に作れる。 側面は長短の2種類×2枚。エゾマツの板を使った。厚さは6ミリ。 切ったところ。接着面はやすりで整える。 前後の面はシナ合板。厚さ4ミリ。 ボンドで接着。組み立てる。 ボンドはよく乾燥させる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の鈴を作ってみた

木で鈴を作っている人(メーカー)はいくつかあるようだ。しかし、その多くは中に金属の普通の鈴を入れている模様。そうではなく、完全に木製の鈴はないのか?どんな音がするのか? と、いう訳で作ってみました。 使用した板はゼブラウッド。東急ハンズで購入。 結構硬い板なので、ドリルを使って加工してゆく。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

12月13日、てづくり市にまた出ます!

池袋の西口公園。10時~16時。 会場のくわしい場所は下のURLからチェック! http://www.aozorakoten.com/place/detail.asp?p=38 この日のために、クリスマス風の赤緑のカスタネットを作りました。6個限定。 よろしく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てづくり市(12月7日)終了しました~

今回は代々木八幡の坂道になっている参道の一角。終日太陽が当たらないため、極寒の6時間であった。 さて、新商品「せんめんきの太鼓」は6個を店頭に並べた。 とても良い音で鳴る。(自画自賛)しかし、1個も売れないのであった。 悲惨なポップが原因なのか? 1000円は高いのか?しかし、自分で同じものを作ろうとする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布団ばさみは楽器になるか?

布団を飛ばないように挟むやつがありますね? あれって、パチーンといい音で鳴ります。 そこで楽器になるのではなかろうか?と試してみました。 このようにいろいろな布団ばさみがある。それぞれパチーンの音色が違います。 聞いてみましょう。 均等に淡々と鳴らした音をずらしてみるとどうなるか? もっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹しゃもじのパタパタ鳴子

材料は、竹のしゃもじ、牛乳パック、ペットボトルの蓋。セロテープとガムテープ。 今回使った竹のしゃもじは正確には「ターナー」。 作り方は簡単。 牛乳パックを切って細長いパーツを2枚作る。 ほそなが紙をしゃもじに当てて、はみだす所をペンでなぞって、はさみで切り離す。 2枚あるので、両面共に当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹の箸でギロってみた

竹の箸は例によって、100均にて購入。 作り方は簡単、ノコギリでギザギザを入れる。 ギザギザを入れるのは1本だけでいいよ。 ノコギリだけだと、引っかかりすぎるので、やすりで溝の角を丸めてみた。 ギザギザを、もう1本の箸でこするとギーココした音が出る。 でも、それだけだと音が小さすぎる。 そこで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーグルトの空き容器を叩いてみた

ご無沙汰しております。(´Д` ) いろいろ大きな楽器を考えておりまして、中々まとまりません! そこで軽めの音を聞いてもらいましょう。 ヨーグルトの容器の底を箸の端で叩く!それだけ。 写真は床に置いてますが、演奏する時は手に持って叩くのです。 内側から底を叩いてもよし。 あるいはっ! 外側か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カホン=ドラムを改良した

カホン=ドラムは前回作った楽器だ。 カホンぽい響きを目指して、内側に工夫してみたのであった。 その内部構造がこれだ! 「スプリングコーム」という髪を留めるためのものをびよーんと引っ張って取り付けてある。 この方法は文庫サイズくらいのミニカホンでは効果的だったのだが、30センチ×30センチのサイズになると丸でダメ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カホン=ドラム

スリムなカホンを作ろうと考えてみた。 考えただけではなく、実際に作ってみた。 これだ。 材料は、4mm厚のシナ合板、14mm厚のラワン。サイズは30センチ×30センチ×6.8センチ。 響き線の代わりに、スプリングコームを入れてある。こんな音が出た。 どうもイマイチだ。 裏には穴を開けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウッド・ドラム

板で作ったドラムだ。 形は舟型。 材料はベニヤとシナ合板。それとヒノキの薄木材。 動画を撮ってみたものの、「ドン」という重低音はほとんど録音されていない。 こんなカスカスな音ではないのだが。 大きい割には、響かない。失敗だ。 打楽器 ショルダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な鉄琴の作り方

ストリングスの方はもうちょっと時間がかかるので、小ネタを出すことにした。 これは前に紹介した「木琴マット」のバリエーションだ。 材料はまずこれ!表面が凸凹しているスポンジ。 フォークやらスプーンやら。 バチは竹の箸の先端に東急ハンズで買った木球をくっつけたもの。穴に通すと先端が飛び出すので、そこは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太鼓の作り方(動画)公開

YouTubeに太鼓の作り方の動画をアップしました。 1分で作れる太鼓です。 【リクエストあります?】 今までこのブログで発表した楽器の中から、演奏動画を見てみたい楽器ってあります? あればコメント欄に書いて下さいね。できる限りご期待に応えます!
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

クリスマスシェイカー

クリスマスにぴったり。こんなシャカシャカ楽器はいかが? 【材料】 ペットボトル(くびれがあるもの)、モールタイ、鈴(大きめなもの)、ビーズ等 ペットボトルにまず、ビーズを入れる。クリスマスらしく、カラフルな色味のものを選ぶ。 そして、モフモフのモールで鈴を取り付ければ完成! 一号機はこれ! ペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘土楽器 ポココン

はにわ粘土を使って作ってみた。 薄く作った方が良く鳴るのだが、壊れやすくなる。 強度を重視して、厚めに作ってみた。 当初は1個をマレットのような粘土の棒で叩いていた。それでも鳴ることはなる。 しかし、2個の底同士をこつんこつんやると音量が2倍になる。音の変化も付けやすくなる。 演奏方法は文字と静…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

段ボールドラム改

前作の改良版であります。 基本的な作り方は同じなのでそこは省略します。 ★改良ポイント 1.ドラムの深さを20センチから15センチに変更。 2.内側の切れ込みを中心に向かってえぐれるように変更。 3.キラキラテープでよりリアルに! と、いう訳で… 1辺が15センチの正方形の断面になるように段ボー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

段ボールのマーチングドラム

最初に断っておくが、これはドラムの形を模したもので、ドラムではない。 どんなものでも叩けば音が出る。その程度の音しか出ない。 しかし本物のドラムのように皮が破れる事はない。 とても頑丈だ。なので、子供が思いっきり叩ける。 段ボールの板を使う。 まずは、1枚が20センチ×60センチの板を6枚切り出す。 それを貼り合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘土の木琴3

ウッドフォルモとウッディねんどで板を作り、乾燥させ叩いてみた。 しかし… たいした音は出なかったのであった。 結局トップ素材は、はにわねんどであった。 彫塑粘土も音色はいい勝負なのであるが、とにかく割れやすい。 え?と思うくらい簡単に割れる。 これでは使えない(木琴としては)。 今回は選ばれた粘土も選ばれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘土の木琴2

今回のポイントは2つ。 1つは、彫塑粘土のテスト。 もう一つは、あらたな台のアイデア。 前回の木枠のゴムの吊り橋方式がベストと思っていたが、粘土の場合はもっと鳴る方法があったのだ。 まず、木枠からゴムを外す。 その上にすのこを乗っける。 新聞紙をくしゃくしゃにして8枚重ねて乗せる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘土のスリットドラム

使ったのは、はにわねんど。果たして結果は? お椀ぽい形とスリットを入れた板を作ってから貼り合わせる作戦を考えた。 しかし、粘土はすぐ歪む。 ぴったり貼り合わせるためには、板に貼り付けた紙やすりの上で相当削った。 接着剤の代わりに水で溶いた粘土を使ってみた。 その模様を撮影しようと思ったのだが、両手と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘土で木琴?を作ってみた

粘土はブログ初期にいろいろやってみたが、失敗続きであった。 だが、単純に叩くとどう?というのは実験していなかったのでやってみた。 紙粘土は軽すぎて乾いても鳴りそうにない。 そこで、今回は適当に4種類を選んでみた。 一番期待していたのは「おがくず粘土のもくねんさん」だったのだが、購入したものはパサパサでいくら水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコラップで簡単ドラムス

100円ショップで一時流行したエコラップ。 丸い枠にラップが張ってあるのだが、叩くと鳴る。太鼓っぽい音が出るのだ。 わかるだろうか。これは直径18センチのもの。 手で叩いても鳴るが、あまりにも薄いのでもうちょっとソフトなもので叩きたい。 という訳で、割り箸にティッシュを巻き付けてバチを作る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自作楽器展に出品します

以前紹介した、オリジナルスリットドラム「音のたね」。 これを自作楽器展に出しますから、興味のある人はご来場下さい。 会場は、府中の「uma et merdre」というお店。 4/28~5/13 水曜日定休 11:00~19:00 入場料400円(コーヒーorお茶付き) 様々な自作楽器が所狭しと展示され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more