テーマ:カリンバ

竹かりんばで演奏してみた

竹かりんばが2台完成。 2台をノープランで重ねてみた。 やはり行き当たりばったりすぎるようだ。そこで、1オクターブの方を3回重ねて曲を作ってみた。 ピタッとリズムを合わせるにはもっと練習が必要。 でも響きは悪くない。 いかがでしょうか? バリ・カリンバ☆Lサイズ/9弦【楽ギフ_包装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹かりんば6鍵モデル

前作の1オクターブ8鍵モデルは鍵の間隔が狭すぎたので、6鍵に減らしてみた。 押さえバーはチークの10mm×10mm角材。 ブリッジと枕木、それぞれの高さを3ミリ低くした。 音階はわらべうたでおなじみのヨナ抜き。下から、ラ、ド、レ、ミ、ソ、ラの6音。 音を聞いてみよう。 大きさは前作と同じハガキサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さめの竹カリンバ試作

竹のカリンバの、楽器として使える(鳴る)最小サイズを探る。第一弾。 ベースの板はハガキ大のものを使う。まずは角をカット。 角を丸める。 紙やすりで仕上げる。 巾7mmの竹材を9cmに切ってブリッジを作る。ここは硬い素材の方がいい音がするので竹を使う。 1/4分割された丸材で竹を挟む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘアピンでカリンバ 再び

100円均一のお店で見つけたまま、材料ストック箱で眠り続けていたヘアピンを発見。 カリンバを作ってみた。 作り方はいつもと同じなので、知りたい人は過去の記事を探してね~ 竹よりも音域を広くできたので、この音域をフルに使った曲を演奏してみた。 一発で演奏するのは難しかったので、音は2回重ねている。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

新製品:竹のカリンバ(小)

前回の続き。 3色の色は同じ。縦のサイズは同じ。横幅が狭くなり、その分キーの数が減ります。 チューニングは下から、A,C,D,E,G,A。 ハ長調のヨナ抜き(C,D,E,G,A,)と構成音が同じ。 この音の並びだとわらべうたが弾きやすい。 と、いう訳で「ほたるこい」を演奏してみた。 今回曲を演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新製品:竹のカリンバ(デモ曲あり)

手創り市が流れてしまったので、出品予定で製作を進めていた新作を紹介します。 今回は初の着色バージョンを作りました。では、製作過程を軽く振り返ってみましょう。 まず、板を組んで箱を作る。 着色剤にとの粉を混ぜて、着色と目止めを一度に行う。この方法は初挑戦。今までは目止めすらしていない。 着色剤は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まな板カリンバ

単純に大きくしただけ。 板は100均のまな板だ。竹は例によって東急ハンズで買って来た。 前作と並べてみる。 このサイズになると、竹を先端にゆくほど薄くなるように削らないとよく鳴らない。 大きいので、キーの先端に親指が届きにくい。 そこで、角を丸めてみた。 かえって弾きにくくなってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリンバを鳴らそう!

広島のワークショップに参加して下さった皆様、ありがとうございました。 うまく鳴らない!と困っている人はいないかな? そういう人は今回の記事を参考にして下さい。 まずは今回作った竹のカリンバを見てみよう。 下半分が丸くなっている押えバーを木ネジでとめて、その力で竹のキーを下へ押し付けている。 【ネジをしっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンプルなカリンバ(竹)

シンプル設計のカリンバである。竹のカリンバを「竹リンバ」と呼んでいたが、これだと検索にひっかからないのでやめた。 【材料】 板 12センチ×20センチ(厚さ12ミリ) 1枚 竹 7ミリ巾×16センチ           6本 押えバー 15ミリ×11センチ(半丸)   1本 ブリッジ 20ミリ×11センチ(三角材)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手作り楽器で合奏(22)「竹りんばでラララララ」

ご無沙汰です。 最近は楽器を作る事よりも、作った楽器でどの程度の演奏が可能なのかを追求中。 そのため中々アップできない。手作り楽器を自由自在に操るのは非常にむずかしいのだ。 今回の竹リンバはドレミファソラシドの1オクターブモデル。 1オクターブで演奏できる曲を作ってみた。 メロディのメモがこれ。実音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹リンバの響きを追求する!

竹のカリンバ、竹リンバ。 本体にノイズ用のネックレスを付ける方法は、響きがイマイチなので別の方法を試してみた。 用意したのは、素焼きの植木鉢。 ここに竹リンバを突っ込んでみると……深く入り過ぎて弾きにくい。 そこで、ガムテープの芯を内側に入れる。 この上に竹リンバを乗せる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹リンバを小さくする!(動画あり)

竹のカリンバ、略して「竹リンバ」を小さくしてみた。 なんだか、作る度に小さくなってゆく。 まずは、前回と今回を並べて見よう。 小さくなってない!と思ったかも知れぬ。 いや、よく見てほしい。竹の数が増えているだろう。竹の幅を小さくしてみたのだ。 厚みはむしろ、増している。 竹が細くて、ものすごく柔ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹リンバ 手のひらサイズ

前作の竹リンバが予想以上によく鳴るので、そのまま小さくしてみた。 どれくらい小さいのか?並べてみる。 今回はノイズ発生用のネックレスをやめて、本体の中に薄いシェイカーを仕込んでみた。 結果的にノイズ成分が弱すぎた。 また別の方法を考えよう。 では音色を。まずは、音階を弾いてみる。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

手作り楽器で合奏(19)「夏はあつい」

竹のカリンバは今まで沢山作ったが、そろそろ決定版がほしい。 そこで、ノウハウのすべてを集約した竹リンバを作ってみた。 120ミリ×200ミリ×80ミリの大きさにした。 これくらいないと、竹は響きが弱いので鳴らないのだ。 普通のリンバは金属のキーを使う。 竹はその代用品だと思っている人が多いが、実は竹(又はそれに類する植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しゃもじの竹リンバ

竹リンバは音が小さい。 なんとかならないだろうか? そこで……いくつか実験してみた。 100均で購入した竹のしゃもじ(ヘラ?)だ。これをベースに使う。 竹の箸を適当な長さに切る。 このようにボンドで接着。 押さえバーには半丸の木材を使用。キリで穴をあける。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み、イカリンバを作ろう!

これが「イカリンバ」です。 イマイチ、わかりにくいですが、「イカリ」のついたカリンバです。(ダジャレです) 材料は、天地はシナ合板。(15センチ×22.5センチ) サイドは4センチ幅、厚さ9ミリのエゾ松。長さ60センチをほぼ使い切った。 上に乗っている、ブリッジみたいな部分は、6ミリ厚、幅15ミリのヒノキ。 金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングカリンバ 「竹串25」

今まで作ったカリンバは5~10音くらいの幅しかなかった。 これだと弾ける曲がかなり限られてしまう。 そこで、音域をドーンと広く取ったモデルを作ってみた。 基本構造はごくごく普通のカリンバなので、製作過程は省略する。 弦(と呼ぶのだっけか)は竹串。 竹ヒゴを使おうかと思ったのだが、さすがに折れそうだったのでこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと大きめ、竹カリンバ 

箱なし。厚めの板に竹のキーをセットしてカリンバを作ってみた。 竹は東急ハンズの竹材(はば10ミリ)。 ブリッジも竹。押さえバーはチーク。 木ネジは長さ30ミリ、太さは細め。 板は持ちやすさを考えてサイドをえぐってみた。 角は落としてやすりをかけて、水性ニスを塗った。 竹の先端は丸めて、裏をやすりで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヘアピンカリンバ (文庫サイズ)

ジャスト文庫サイズのカリンバだ! ヘアピンは空カンとの相性がいいのだが、ヘアピンをセットするスペースが狭いのが難である。 そこで、木箱ボディバージョンを作ってみた。 今回の工夫はノイズ発生を金属パイプではなく、プラのビーズで実現した点。 ビーズは100均にてゲット! プラスティックでは鳴…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

オルゴール式 竹カリンバ

モノもの連動。 「モノもの」はものについての記事が集まるサイトだ。 SNSの一種ということだが、画像付き掲示板のノリに近い。 さて、 これは楽器というよりもメカであろう。 着想を得た時は「行ける!」と思った。 竹を弾くのはヒートンだ。 丸太は東急ハンズで発見した。これがあって助かった。 竹カリ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

竹のカリンバ

なんか見た事ある!と思ったかも知れぬ。 また竹でカリンバを作ってみました。 元々、箱なしの板だけカリンバとして作った。 ところがイマイチ鳴りが弱かったので箱を増設した。 竹は平串として売られていたもの。 幅6ミリ、厚さ3ミリ。 厚みがありすぎて、そのままでは鳴らない。 先端に向かって薄くなるようにカッターで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

良く鳴る!ヘアピン 缶リンバ~

夏休みの工作は終わったかな? ヘアピンと空カンがタッグを組んだカリンバ! これはおすすめ。 <材料> 空カン ヘアピン ベニヤ板(空カンのサイズ) 裏打ち用の厚さ15ミリの板 竹串(断面が四角い、鉄砲串のようなタイプ) チークの角材 8ミリ角(固めの木ならなんでもいい) 木ネジ  アルミパイプ 直径…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more

竹串カリンバ 

竹ひごからスケールアップして、竹串でカリンバを作った! このカリンバは「へなちょこ合奏集」の「キラキラ星」を録音した時に、 低音パートがほしくなったために作った楽器だ。 さて、製作過程をふりかえってみよう。      ・      ・      ・ まずは板に竹串のブリッジ?を接着。 裏に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹ひごのミニカリンバ

ちっちゃいカリンバを作った。 竹の平串を使う。 2本を貼り合わせて厚みを出したい。 青竹の青い部分はボンドがあまりきかないような気がするので やすりで削る。 竹割りナタで割る。 えい! 竹を割るのはとても気持ちがいい。 割ったら適当な長さ(7.5センチ)に切ってボンドで貼り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドラーの実力を見よ!ちょいむずカリンバ!

前回「お手軽カリンバ」を作ったら、 マドラーたちが騒ぎ出した。 「ぼくたちの力はこんなもんじゃないよお!」 それじゃ本気が出せる舞台を作ってあげよう。 「わーい!」 というわけで、 スチロールのトレーよりもしっかりした素材を今回は用意した。 木の箱~!(ドラえもん風に) マドラーは8本セッ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

マドラーのお手軽カリンバ

これほどかんたんなカリンバがあっただろうか? いやない。(多分) 材料はトレー2個とマドラー。 トレーにマドラーでエイヤアと穴をあける。 1本のマドラーにつき2個の穴をあける。 トレーに入る穴と出る穴だ。 マドラーはまっすぐのままだと通らない。 ちょっと曲げてやる。 簡単に曲がるので心配は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

竹串(鉄砲)でカリンバ!

ある日のことであった。 100均で楽器素材を探していた私は、妙な形の竹串に目が吸い寄せられた。 根元だけが幅広くふくらんでいる竹の串。 「鉄砲串…というのか」 その時だ、脳裏に電撃が走った! こ、この串は!カリンバのバーに似ている! 思いついたらもう後戻りはできない。 頭の中はカリンバでいっぱいだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more