テーマ:ウクレレ

ウクレレもどき「8400」

奇想天外な楽器に飽きてしまった。 どう見てもウクレレにしか見えない、4弦の楽器を作ろう。 ボディは割り箸なので、「はしれれ」語呂合わせで「8400」と名付けようと思う。 この楽器を作り始めたのはいつだった? あれは、2年前……。 という訳で、そもそもの発端の写真は発見できず。 ここに掲載するのは、ごく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぺったんこのウクレレ(ペタレレ)

ウクレレ?3弦しかないけどね! 夏休みも終わったのでむずかしいシリーズに戻る。 とは言うものの、思いついた時は「簡単な方法を見つけた!」と思ったのだ。 ところが作ってみたらとんでもなかった。 ぺったんこのウクレレ、略してペタレレ。 「ウスレレ」という呼称が一般的らしいが…ここはペタで。 あのウクレレ独特の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

粘土ウクレレの逆襲

悲しいお知らせ。 このブログの第一回目で紹介した粘土のウクレレは壊れました。 ネックまで粘土にしたのが間違いであった。 根元からポッキリ折れてしまったのだ。 ウクレレの弦といえどその張力はバカにならない。 だが、実は粘土のウクレレは2号機のボディが密かに用意されていたのであった。 それが上の写真だ! このま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘土ウクレレとフェイマス製ウクレレ

粘土ウクレレの原形として参考にしたフェイマスのウクレレとの比較。 ぱっと見は非常によく似ている。 しかし、細部はかなり違う。 一番の違いはその音色である。 さすが本物のウクレレはよい音で鳴る。 それと、重量。 粘土は重いのである。 ウクレレの形にここまで似せて作る必要はなかったのだが おかげで様々なノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに完成!粘土のウクレレ

ウッドフォルモは木のねんどであるそうな。 ならば乾燥すれば木の性質を持つのだろうか? と思ったのであるが… やはり粘土は粘土だった。 鳴らない。 いや、鳴りはするが共鳴が弱く、あっという間に減衰するのだ。 誰もやっていないのはこのせいだったのか! と思う。 さて、工作としてはご覧のように一応の完成をみ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フレットを作った

指板にフレット位置を鉛筆で書き込み、のこぎりで切り込みを入れた。 その上から角やすりで溝を広げる。 フレットの素材は竹ひごを使ってみた。 木工用ボンドで貼り付けてみると想像以上に本物っぽい。 ナットも取り付けた。 素材は指板と同じアガチス材。 最近よく見かけるようになったアガチスはくせがなく加工しやすい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘土で作るウクレレ

突然、途中経過からはじまる形になってしまうが申し訳ない。 ウッドフォルモという粘土でウクレレを作っている。 写真は指板をネックに貼り付けているところである。 表板も板のように見えるが粘土である。 ブリッジと指板以外はぜーんぶ粘土! という訳でこのブログでは手作り楽器の製作日誌のようなものをメインに綴らせていただきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more