テーマ:

元祖:紙コップのスライド笛

かなり前にワークショップ用に開発した楽器。 当ブログに上げていなかった模様なので、いまさらながら紹介します。 材料は、紙コップとストロー。ストローは通常の6ミリとその下の5ミリを使用。 まず、紙コップの底にハサミで穴を開けます。 ストローが通るくらいの大きさの穴にします。穴が大きすぎると都合が悪いです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルミ皿のスライド笛

前に紙コップで作ったスライド笛ですが、共鳴体をアルミ皿にしたらどうなるでしょうか? 【材料】ストロー(ジャバラ付き6ミリ径)、ストロー(5ミリ径)、アルミ皿(直径20cm以上) シンプルですね。 まず、5ミリのストローの先を斜めに切ります。これでベロベロが2枚の状態になりますね。 このストローが心臓部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストローパンフルート(半音刻み)

ストローを使ったパンフルートは今までも何度か作って来た。 今回はもっとも低い音から高い音まで半音刻みで並べてみた。 最高音は怪しかったが、ちゃんと鳴る時もある。もっと短くするのは可能だけれど、力いっぱい吹かないと鳴らない。このあたりが実質限界値だと思う。 ストローは先端を折り曲げてセロテープで留めた。 長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スライド=ストロー笛(シングルリード)

まず、ヨーグルトを食べます。 今回必要なのはフタ。↓これです。 次に、2種類のジャンボストローを用意。 これは同じ太さに見えるが、直径が0.5mm違う。 普通、ストローの太さは1ミリ刻みであるが、7.5mmのように0.5mmの端数が付く事が希にある。 太さの差が0.5mmの2本のストローはスライド笛にピッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手作り楽器で合奏(23)「ほがらかマーチ」

先日作った水道管のパンフルートはガムテープが見苦しかった。 そこで、グルーガンでくっつけてみた。 接着部分を拡大するとこんな感じ。 あまりきれいにはできなかった。 この楽器をメインに使って今回は合奏してみた。 曲は100均の楽器だけで演奏した時に作ったマーチだ。 楽器は10種類くらい使ったかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・水道管のパンフルート

もう前作を覚えている方は少ないだろう。 これだ→ http://kanehiro3.at.webry.info/201004/article_2.html 基本的には同じだ。 ただし、音数が大幅に増えた。 さらに、前回はコルク詮を使ったが、今回はゴム詮だ。コルクよりゴムの方が安かったのだ。 使用する…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ペットボトルを吹く

ペットボトルを買って来ては、音をチェック。2ヶ月かかってやっと音階らしきものが揃った。 ペットボトル自体には何の加工もしていない。ただつないだだけ。 そのため、音程は微妙だ。 紐だけで固定できるかと思ったのだが、不安定なのでガムテープも使った。 音階はこんな感じ。 一本一本吹いていた時は「やった、ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストローパンフルート(1オクターブ版)

前回のストローパンフルートのアクセスが1000を越えてしまった。 遅すぎたかも知れないが、ドレミファソラの各ストローの長さを追記しておいたので、参考にして下され。 ワークショップで子供たちが「鳴らない」と言うので、実演して見せたがよくわからなかったようだ。 なので、一応説明しておく。 【鳴らし方】 ストローに斜めに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストローパンフルート(改訂版)

前にも作ったことのある楽器だが、覚えているかな? 今回はワークショップ向けに改良を加えてみた。 ★材料 ジャンボストロー(直径7.5ミリ) 6本 スーパービッグストロー(直径10ミリ) 1本 ハガキ大の紙(厚さは官製はがき程度) 1枚  両面テープ(粘着力が強力なものを選ぶ) 「ジャンボスト…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

プララッパ

プラスティックのコップとペットボトルで簡単に作れるよ。 こういうペラペラのコップを用意しよう。できるだけ大きいものを! 底に「コ」の字型の切り込みをカッターで入れる。 見えにくいので,マジックで描いた。 断面が円形のペットボトル(コーラなど)をこのようにカットする。 プラコップの底に、ペ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ペットボトルのぐるぐる笛

穴を開けたペットボトルにひもをつけて振り回すと鳴る。 穴はどんな形がベストなのか、まだわからない。 今回は四角い穴を開けてみた。 ペットボトルはフタをする。 ナイロンのひもを結び…… 輪になるように、結ぶ。 これで完成。 では聞いてみよう。 風が穴に当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横笛をストローで鳴りやすくする方法

穴が開いただけの横笛は音が出るまで、練習が必要だ。 でも、どうしても音が出ない人はこの方法を試してみよう。 ☆作り方☆ ごく普通のストロー(太さ6ミリ)を4センチの長さに切る。 ストローの先、1センチを縦に割るように切れ込みを入れる。 こんな感じになる。 半分を折り…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

塩ビパイプの横笛

材料:塩ビパイプ(内径16ミリ)、ゴム栓 と、言う訳で以前に完成品だけを紹介した笛なのだけれど、作り方のリクエストがあったので作った。 塩ビパイプは、水道管(配水管?)用のものよりも、クラフト系のパイプの方が柔らかいので工作が楽だ。 長さを適当にカット!本当に適当に切ったら45.5センチだった。 片方にゴ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紙コップのスライド笛

材料は、紙コップとストロー2本。 ストローは5mmφと6mmφの2種類。 紙コップの底に穴を開ける。 太い方のストローをコップに差し込む。 コップの内側にセロテープで留める。 細い方のストローの先端を平たくつぶして、三角にハサミで切る。 ストローは指で転がす…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ラップの芯のスライド笛

ラップの芯に工作用紙を巻き付けて、ひとまわり太い筒を作る。 のりしろは1.5~2センチ。 次に工作用紙に穴を開ける。穴を開ける時は、中にラップの芯を入れたままカッターで開けるとやりやすい。 最後にストローを短く切って、穴に息があたる位置にセロテープで貼付ける。 音が出るかどうかを確かめてから貼ること!ストローのつぶれ具合…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

チョコボールの箱は笛だった!

ネットで「チョコボールの箱が、笛になるのは常識だよね」と書いてあったので、本当かどうか確かめてみた。 まず、チョコボールの空き箱を用意する。 表面のセロファンは取る。 「くちばし」をほんの少し開ける。 「くちばし」のある角を丸ごとくわえて、息を吹き込む。 すると、鳴る。笛の誕生である。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

チョコで笛を作ってみた

チョコの木琴は失敗したが、笛ならできるのでは? そう思った私は直ちに素材となるチョコを探しに走った。 当初はきちんと原型を作ってから型取りしてチョコを流し込もうと思っていた。 が、それで失敗するとダメージが大きすぎる。 そこで、最小の手間で笛を作ることにした。 中空のチョコがあればそれでよい。 そうだ!チョコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水道管パンフルート

ストローのパンフルートは簡単に作れる反面、あまり丈夫ではない。 もっとしっかりした素材で作ってみたらどうだろう? そこで、今回は水道管(塩ビ管)を使ってみた。 これである!↓直径13ミリ。 気になる作り方はとても簡単。 適当な長さにカット! 片側にコルク栓をはめればもうほとんど完成。 実際は…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ストローパンフルートで合奏してみた

ストローパンフルートに反響があったので、 これを3人で合奏してみると、こうなる! というのをやってみた。 とはいえ、ボディパーカッションを4回重ねている。 つまりこんな薄い音でもライブで再現するには7人が必要なのであった。 では、聞いて下さい。「キラキラ星2010」Ver.2 ストロー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ストローパンフルートを吹こう!

さて、2回目に作った「ドレミファソラ」の6本版を2つ使って、 「カエルの合唱」を吹いてみた。 最初に出るのが、10ミリ、追いかけるのは8ミリのストローだ。 1カ所間違えた。 どこだかわかるかな? さて、次は「五木の子守歌」の音階を書き出し、その8音のパンフルートを作ってみた。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

続・パンフルートをストローで

思ったほど吹きやすくなかった、タピオカストロー。 別の材料を見つけた。 これだ! 左が、ダイソーにあった「スーパ-ビッグストロー」直径10ミリ。 右がミーツにあった「ジャンボストロー」直径8ミリ。 大きさを比較すると、 左から、タピオカ(12ミリ)、ビッグ(10ミリ)、ジャンボ(8ミリ)、普通の(6ミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パンフルートをストローで

パンフルート、あるいは、パンパイプ。 南米では、サンポーニャ。 呼び名はいろいろあるが、長さの違うパイプを並べて音階を作る笛である。 ★材料  タピオカストロー 6~8本  割箸 2膳  輪ゴム 17本  セロテープ  ★作り方  完成写真を見れば、ほぼ予想がつくと思う。    材料のタ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

水道管の尺八

実は以前、水道管の尺八に失敗したことがある。 100回吹いてやっと1回かすかに鳴る、そんなテイタラクであった。 「尺八はむずかしいぞ」 そう思い込んでしまった。 だが、今回はなんとか成功!とても簡単な作り方を発見したおかげである。 それが尺八奏者、素川さんのこの↓ページ。 「尺八吹く作る 素川欣也」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペットボトルのオカリナ

ペットボトルのオカリナ~ 意外に鳴る~ ペットボトルの多くは強度を確保するため、デコボコと複雑な形状をしている。 ところが、中には断面がほぼ円のシンプルなボトルも存在する。 そのようなボトルの側面に穴を開けて、ストロ-をセロテープで貼付けて吹けば「ポー」と鳴る。 さらに、指で押さえられる位置に穴をあけれ…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

アクセス数、1000突破!

このブログにはトップはもちろん、各ページ毎にアクセスカウンターがついている。 日々アクセスは伸び続けているのだが、ついに 2007年9月12日にアップした「トイレットペーパーの芯ホイッスル」の ページが1000アクセスを突破! 快挙である。ホーホケキョ! 元ネタは竹筒を使って作る「カッコウ笛」だが、 トイレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風船の笛 バル-ンパイプ

昔からある笛だけど、あまり知られていないかも? 風船が笛になる。ほんとだよ。 <ざいりょう> プリンのカップ △直径20ミリの塩ビパイプ (◎直径16ミリ、塩ビの水道管がベスト) 風船 ケント紙 ストロー <つくりかた> プリンのカップの底に穴をあける。まずはキリで。 塩ビパイプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かんたん!牛乳パックのたて笛

牛乳パックに穴をあけて巻き、ストローをセロテープで貼付ける。 それだけですてきな笛ができる! あーかんたんだ。ちょー簡単だ! さて、 ざいりょうは牛乳パック。ストロー。塩ビパイプ(適当なサイズならなんでもよし) つくりかたのはじまりはじまり~ まずはパックを開いて、底はカットする。上の折り目が…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

簡単だよ! 可笛(カフエ)

改良ネタ。 これまで何度か異なる材料で紹介してきた笛がある。 1回目はトイレットペーパーの芯ホイッスル 2回目は乳酸菌飲料の笛 どちらも基本構造は同じだ。 出せる音域は1オクターブ止まりだった。 もっと幅広い音域が出せないものか?と研究した結果、 ついに発見したのであります! その素材…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ガラスのビンを吹いてみた

先日のことである… 近所のスーパーでシャン○リーが大特価だったのだ。 なんと1本69円!!! これは買うしかない。 8本即購入! どんだけシャン○リーが好きな人なんだ!と思われたかも知れぬ。 だが、それがどうしたと言うのだ。 まず最初の仕事はシャン○リーを飲み干すことだ。 開けると「ポン!」とフタ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

実験!ストロー笛はどこまで伸ばせるか?

今回もいつもの場所からお届けします。 まるで同じ日みたい。 もうちょっと工夫すれば良かったかな。 さて、皆さん。 ストローを鳴らす方法は3つある。 一つ!パンパイプ方式。 二つ!ストロピー方式。 そして三つ! 今回のダブルリード方式。 作り方は簡単、ということはこれも簡単シリ-ズのひとつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more