テーマ:弦楽器

続々ストリングスの音色を目指せ!

フレットレスのネックはやはり演奏が難しい。 そこで、竹ひごフレットを追加した。 さらっと「追加した」と書いてしまったが、これが中々の大仕事。 フレットの位置をチューナーで確認しつつ、一本々々接着してゆくのだ。 竹ひごは断面が丸いため、接着面を作るために紙やすりで磨いた。 こうなると普通にフレットワイヤーを使った方が良かった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

続・ストリングスの音色を目指して

新しい楽器を作った。 ウクレレサイズのボディ(以前作りかけて放置されていた)にギター並のネックを付けた。 以下、製作プロセス。見れば大体わかると思うので説明は省く。 テグス6号を3本張った。全部同じチューニング。 これを絹の弓(松脂をたっぷり塗布)で弾いた。 ストリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストリングスの音色を目指す

クラシックの曲を演奏したいのだが、そうなるとどうしても必要なのがストリングスだ。 なんとかそれらしい音を作れないものか? と、いう実験の第一弾であります。 今回は相当前に作ったこの一弦楽器を使ってみよう。 以前はテグスを張った弓で弾いたが、今回は試しに絹糸の弓を作ってみた。 絹糸をピンと張る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンドリン2で「愛のロマンス」

今回も動画である。 楽をしている、手抜きではないか、と思う人もいるかも知れないが、そんな事はない。 今回の演奏は、2週間猛練習を積んだ成果を問うているのである。 手作り楽器は簡単に弾けると思われがちだが、それは大いなる誤解であって、マトモな演奏をしようと思えばそれなりの練習が必要になるのだ。 モンドリン2つい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リサイクル楽器 一弦ギター

かなり前に割り箸の胴にネックを付けた2弦ギターを作った。 が、 あまりにも使い勝手が悪く、放置してあった。 もったいないので、新たな楽器として再生することにした。 これが本当の「リサイクル楽器」である。 原作のページは以下のURLなのだが、初期は1楽器1ページではなく、製作日誌の体裁で数日に渡って同じ楽器について書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベースの音を手に入れた!

アンサンブルに欠かせないベース。 ベースっぽい音は太い輪ゴムなどで作れるのだが、きちんとベースラインを任せられるような芯のある音には程遠い。 そこで、以前に作ったモンドリン初号機に太い弦を張る事にした。 しかし、この楽器はギターよりも大きいので、ギター弦は使えない。 かと言って、エレキベースの弦は張力が強すぎて楽器が耐え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新作楽器「メロディ三昧」(動画あり)

本作は、某手作り楽器アイデアコンテスト落選作品であります。 がっかりした気持ちを噛み締めながら、紹介したいと思う。 このブログの愛読者諸氏には、説明するまでもないと思うが、これはペットボトルのオリジナル楽器「モノリン」の改良版だ。 改良ポイントを以下にあげる。 1.ボディをペットボトルから木製に変更。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

モンドリン2

手創り市に出品するため、モンドリン2を3本作った。 3弦のギターのようなウクレレのようなオリジナル楽器だ。 作り方は初代モンドリンとほぼ同じ。 今回は製作過程の紹介は軽めにしておく。 側板はラワンのベニヤ板で作る。 ひもでひっぱって曲げる。強引に! 補強材を接着する。 裏板もベニヤ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more