テーマ:空き缶

平缶とまな板の琴

まず、平たい缶を用意する。 次に、その箱より1まわり大きな板を用意。 ここで使っているのは、100円ショップでみつけた、まな板だ。 その他の材料は…… テグス10号 ボタン 5個 ヒートン 5個 三角材 すぐできるよー 三角材は長さ2センチに切る。5個作る。できたら、弦を乗せる溝をカッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルミ缶のシェイカー

最近、スクリュー式のフタ付きアルミ缶が増えている。 今回はこれでシェイカーを作ってみる。 せっかくアルミ缶を使うのだから、金属の響きを最大限に引き出そうと思った。 そこで中身には、同じアルミ製のプルタブを10個入れてみた。 金属と金属がぶつかるのだ。派手に鳴るはず。 さて、振り方だが、下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空き缶のチューニング法がわかった!

今までうまくできなかった空き缶の音程の合わせ方がわかったので発表します! スチ-ルの空き缶は叩くといい音がするので、度々取り上げて来た。 が、いかんせん望みの音程が作れずにジタバタしておった。 近過去の作例はこちら! さて、その方法はNHKの「熱中時代」という番組の中で紹介されていた。 出演されていたの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

空き缶ギター

小さな空き缶が素敵なギターに変身! ハイ!みなさんお元気でしょうか。 シーチキンの空き缶と端材を使ってギターを作ってみよう! まずは部屋のすみにころがっているシナ合板をチョイス。 シーチキンの空き缶をのっけてみる。 真四角では楽器らしくないので角をカット。 このへんにサウンドホールをあ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ドレミの空き缶をさがそう!

スチール缶の底を叩くと、とてもいい音がする。 いろんな缶を集めれば、ドレミが揃うのではないか? という訳で、加工はいっさいなし。数を頼みにドレミを探してみた。 上の写真、全部は写っていないが35個ある。 これだけあれば1オクターブ8音くらい埋まっていそうである。 片っ端から叩いて音の高さ順に並べてみた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スチール缶の底からメロディ!

これはYouTubeで見つけて「うわ!その手があったか!」と衝撃を受けたネタだ。 スチール缶の底を尖ったもので叩く。 それだけで音階が作れるのだ。 要はスチール缶で底が平らなものならなんでもいい。 大きくても小さくてもいい。 シャープペンシルの先で叩いてみた。外周に近い所が一番低い音。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

不思議な音カン 

作ったのではなく「発見」ネタだ。 見ての通り、スチールの缶である。 この底を割り箸で叩くのである。 それだけ? ふっふっふ。 まあ、聞いてごらんなさいな。 耳がいい人ならばすぐタネはわかったね? そう、水が入っているのだ。 缶の半分くらい、水を入れてある。 この缶はフタを締められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンカラホン 空きカンのシロホン

空き缶を沢山集めてシロホンにしてみた。  台は段ボール。 表面にラッピングペーパーを貼ってから穴を開け、缶を差し込む。 ドレミはあっさりと見つかったのだが、 後が続かない。 音程を調整するにはどうすれば? あるリサイクル工作の本によると、 マジックのお尻で缶をぐりぐりすると音程が変わるらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more