三角カズー「さんかくん」牛乳パックver.

さんかくんの別バージョン。 牛乳パックを使うだけで、ドカーンとアクセスが来るので作ってみた。 まず、1000mlのパックをバラす。 牛乳パックの紙は、縦に折り目がついているので、その方向に折れやすいのかと思ってしまうが、実は横方向にしか折れない。 そこで材料を切り出すとこんな感じになる。 サイズは12セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三角カズー「さんかくん」

万能メロディ楽器、カズーのつくり方はいろいろある。 今回は工作用紙と色セロハンを使って作ってみよう。 工作用紙のサイズは、12センチ×25センチ これを縦に半分に折る。さらに真ん中の折り目に向けて両側から折る。 すると、4等分の折り目ができる。 これを断面が三角になるようにする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ。記事作りに参加した本が出ました。

ドゥーパ!別冊「子どもと一緒にDIY」 定価980円 が発売になりました。 このブログでも紹介した、段ボールのドラムと、ペットボトルのオカリナの製作記事が載っています。 興味のある方は是非、ご一読下さい。 子どもと一緒にDIY 2013年 08月号 [雑誌]学研マーケティング 2013-07-11 Amazo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーグルトの空き容器を叩いてみた

ご無沙汰しております。(´Д` ) いろいろ大きな楽器を考えておりまして、中々まとまりません! そこで軽めの音を聞いてもらいましょう。 ヨーグルトの容器の底を箸の端で叩く!それだけ。 写真は床に置いてますが、演奏する時は手に持って叩くのです。 内側から底を叩いてもよし。 あるいはっ! 外側か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まな板カリンバ

単純に大きくしただけ。 板は100均のまな板だ。竹は例によって東急ハンズで買って来た。 前作と並べてみる。 このサイズになると、竹を先端にゆくほど薄くなるように削らないとよく鳴らない。 大きいので、キーの先端に親指が届きにくい。 そこで、角を丸めてみた。 かえって弾きにくくなってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリンバを鳴らそう!

広島のワークショップに参加して下さった皆様、ありがとうございました。 うまく鳴らない!と困っている人はいないかな? そういう人は今回の記事を参考にして下さい。 まずは今回作った竹のカリンバを見てみよう。 下半分が丸くなっている押えバーを木ネジでとめて、その力で竹のキーを下へ押し付けている。 【ネジをしっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンプルなカリンバ(竹)

シンプル設計のカリンバである。竹のカリンバを「竹リンバ」と呼んでいたが、これだと検索にひっかからないのでやめた。 【材料】 板 12センチ×20センチ(厚さ12ミリ) 1枚 竹 7ミリ巾×16センチ           6本 押えバー 15ミリ×11センチ(半丸)   1本 ブリッジ 20ミリ×11センチ(三角材)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カホン=ドラムを改良した

カホン=ドラムは前回作った楽器だ。 カホンぽい響きを目指して、内側に工夫してみたのであった。 その内部構造がこれだ! 「スプリングコーム」という髪を留めるためのものをびよーんと引っ張って取り付けてある。 この方法は文庫サイズくらいのミニカホンでは効果的だったのだが、30センチ×30センチのサイズになると丸でダメ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カホン=ドラム

スリムなカホンを作ろうと考えてみた。 考えただけではなく、実際に作ってみた。 これだ。 材料は、4mm厚のシナ合板、14mm厚のラワン。サイズは30センチ×30センチ×6.8センチ。 響き線の代わりに、スプリングコームを入れてある。こんな音が出た。 どうもイマイチだ。 裏には穴を開けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウッド・ドラム

板で作ったドラムだ。 形は舟型。 材料はベニヤとシナ合板。それとヒノキの薄木材。 動画を撮ってみたものの、「ドン」という重低音はほとんど録音されていない。 こんなカスカスな音ではないのだが。 大きい割には、響かない。失敗だ。 打楽器 ショルダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続々ストリングスの音色を目指せ!

フレットレスのネックはやはり演奏が難しい。 そこで、竹ひごフレットを追加した。 さらっと「追加した」と書いてしまったが、これが中々の大仕事。 フレットの位置をチューナーで確認しつつ、一本々々接着してゆくのだ。 竹ひごは断面が丸いため、接着面を作るために紙やすりで磨いた。 こうなると普通にフレットワイヤーを使った方が良かった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

続・ストリングスの音色を目指して

新しい楽器を作った。 ウクレレサイズのボディ(以前作りかけて放置されていた)にギター並のネックを付けた。 以下、製作プロセス。見れば大体わかると思うので説明は省く。 テグス6号を3本張った。全部同じチューニング。 これを絹の弓(松脂をたっぷり塗布)で弾いた。 ストリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単な鉄琴の作り方

ストリングスの方はもうちょっと時間がかかるので、小ネタを出すことにした。 これは前に紹介した「木琴マット」のバリエーションだ。 材料はまずこれ!表面が凸凹しているスポンジ。 フォークやらスプーンやら。 バチは竹の箸の先端に東急ハンズで買った木球をくっつけたもの。穴に通すと先端が飛び出すので、そこは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストリングスの音色を目指す

クラシックの曲を演奏したいのだが、そうなるとどうしても必要なのがストリングスだ。 なんとかそれらしい音を作れないものか? と、いう実験の第一弾であります。 今回は相当前に作ったこの一弦楽器を使ってみよう。 以前はテグスを張った弓で弾いたが、今回は試しに絹糸の弓を作ってみた。 絹糸をピンと張る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノリンで「クシコス・ポスト」を弾く

動画はアクセス数があまりに少なすぎて、傾向がつかめない。 今回はモノリンを弾いてみた。 モノリンとは、ペットボトルに角材を通してテグスを張った楽器だ。 伴奏のメインはギター。バックまで手作り楽器にしてしまうとメロディのモノリンが生きないので。 パーカッションは張り扇、ミニタンバリン、洗面器のドラム。張り扇がス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100均のキーボードで遊ぶ

100均でみつけた小さなキーボード。 1オクターブの音域がある。小さすぎてとても弾きにくい。 スピーカーのカバーは外した。音がこもるので。 このキーボード(ピアノ?)で「聖者の行進」を弾いてみた。 とてもしょぼい音だ。しかし、こんな音でも5回くらい重ねると意外にすごい音になるのでは? やって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンドリン2で「愛のロマンス」

今回も動画である。 楽をしている、手抜きではないか、と思う人もいるかも知れないが、そんな事はない。 今回の演奏は、2週間猛練習を積んだ成果を問うているのである。 手作り楽器は簡単に弾けると思われがちだが、それは大いなる誤解であって、マトモな演奏をしようと思えばそれなりの練習が必要になるのだ。 モンドリン2つい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A4パネルギターで「歓喜の歌」を弾いてみた

動画のテストを続けている。 ZOOMのQ2HDで録画した動画を、付属してきた「ハンディ・シェア」というソフトで加工。 とは言っても、映像はほとんどそのまま。 音声にリヴァーブをかけられるので、試してみた。 使用した楽器は2008年の作品。画材の木製パネルを利用した「ギター」だ。 ハンディ・シェアで加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レジ袋のドラムス(動画)

洗面器にレジ袋を張った太鼓の動画をアップしたが、完成品の音がちょっとしか入っていなかった。 意外にいい音がする事を知っていただくために、ドラムスっぽい動画を追加した。 洗面器が1つと、金属ボウルが2個。大きさが違うと音色も変わる。 スティックはコピー用紙を丸めたもの。軽い、柔らかい素材のもので叩かないと壊れる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レジ袋の太鼓の作り方(動画)

洗面器とレジ袋で太鼓を作る動画をアップした。 が、少々わかりにくいので補足。 レジ袋はまず、取手の部分と底を切る。(下図参照) それから、側面に折り込まれている部分を広げ、2枚重ねの状態で丸く切る。 レジ袋は極めて薄いので、2枚重ねて洗面器に張る。 張り方は動画でご確認下さい。では! 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more