元祖:紙コップのスライド笛

かなり前にワークショップ用に開発した楽器。 当ブログに上げていなかった模様なので、いまさらながら紹介します。 材料は、紙コップとストロー。ストローは通常の6ミリとその下の5ミリを使用。 まず、紙コップの底にハサミで穴を開けます。 ストローが通るくらいの大きさの穴にします。穴が大きすぎると都合が悪いです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルミ皿のスライド笛

前に紙コップで作ったスライド笛ですが、共鳴体をアルミ皿にしたらどうなるでしょうか? 【材料】ストロー(ジャバラ付き6ミリ径)、ストロー(5ミリ径)、アルミ皿(直径20cm以上) シンプルですね。 まず、5ミリのストローの先を斜めに切ります。これでベロベロが2枚の状態になりますね。 このストローが心臓部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三板(サンバ)試作3号と4号

三板の続き。 試作3号は竹で作ってみた。 裏はこんな感じ。 これがなかなか良い。適度な重さがあって持ちやすい。 音色を聞いてみよう。 続きまして、試作4号はパドックの板を使ってみた。厚さが5ミリでハガキサイズの板。貼り合わせて厚さ10ミリにしてから削ってみた。 裏は木目が横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三板(サンバ)試作2号

前回の三板は大きすぎ。厚みがありすぎ。 ネットの写真だけではどうしても限界があるので、思い切って現物を購入してみた。 早速、現物を参考に試作2号機を作ってみた。使用した板は100均のまな板。材質はおそらく桐。厚さ9mm。 各板は縦10cm×横5cmのサイズ。 このように上が狭く、下に広がる形が三板の正しい形ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三板(さんば)を試作した

沖縄のカスタネット、三板という楽器を知ってますか? 一見三枚の板をひもでつなげただけに見える楽器だ。ネットの写真を参考にとりあえず作ってみた。 端材箱にあったエゾ松の板を使おう。 この板は縦14cm、横15cm。厚みは15mmだ。 まずはこれを三等分する。 紐を通す穴をドリルで開けた。穴の直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改めて、スノコの木琴です

100均で入手できる材料のみで、できるだけ簡単に木琴を作る方法を探った。 まあ、これが結論なんですけどね↓ 材料のスノコ。 これをハンマーでブッ壊します。 針みたいな釘が刺さっているので、ペンチで抜く。 はがれきれていない木をカッターで落とす。 材料の板が準備できました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み企画 アクセスランキングTOP20

夏になると本ブログはアクセスが爆発的に増えます。 と、言う訳でこれまでの記事のアクセス数のトップ20を調査しました。順位の後の数字がその記事のアクセス数です。ではどうぞ~! 【20位】14984 プララッパ 【19位】15837 簡単!カズー 【18位】15933 でんでん太鼓の作り方 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改良版、わゴムギター

これは幼稚園以下の小さい子向けの楽器です。 【材料】B4サイズの色画用紙、スチロールのトレー、色紙、わゴム、セロテープ 色画用紙をできるだけ細く丸める。 丸めたら、ほどけないようにセロテープで留める。両はしと真ん中の3箇所。 トレーの両はしのフチをセロテープでカバーする。見やすくす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストローパンフルート(半音刻み)

ストローを使ったパンフルートは今までも何度か作って来た。 今回はもっとも低い音から高い音まで半音刻みで並べてみた。 最高音は怪しかったが、ちゃんと鳴る時もある。もっと短くするのは可能だけれど、力いっぱい吹かないと鳴らない。このあたりが実質限界値だと思う。 ストローは先端を折り曲げてセロテープで留めた。 長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポテチの容器で楽器を作った

最近みつけたこのポテチの容器。知ってるかな? 実は底が金属!とっても楽器向きなのです。 穴をカッターで開ける。 反対側の同じ位置にも穴を開けたい。その位置決めの方法がこれ。マスキングテープを使う。 角棒を通す。 ブリッジ用の半丸棒を用意。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹かりんばで演奏してみた

竹かりんばが2台完成。 2台をノープランで重ねてみた。 やはり行き当たりばったりすぎるようだ。そこで、1オクターブの方を3回重ねて曲を作ってみた。 ピタッとリズムを合わせるにはもっと練習が必要。 でも響きは悪くない。 いかがでしょうか? バリ・カリンバ☆Lサイズ/9弦【楽ギフ_包装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹かりんば6鍵モデル

前作の1オクターブ8鍵モデルは鍵の間隔が狭すぎたので、6鍵に減らしてみた。 押さえバーはチークの10mm×10mm角材。 ブリッジと枕木、それぞれの高さを3ミリ低くした。 音階はわらべうたでおなじみのヨナ抜き。下から、ラ、ド、レ、ミ、ソ、ラの6音。 音を聞いてみよう。 大きさは前作と同じハガキサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さめの竹カリンバ試作

竹のカリンバの、楽器として使える(鳴る)最小サイズを探る。第一弾。 ベースの板はハガキ大のものを使う。まずは角をカット。 角を丸める。 紙やすりで仕上げる。 巾7mmの竹材を9cmに切ってブリッジを作る。ここは硬い素材の方がいい音がするので竹を使う。 1/4分割された丸材で竹を挟む。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水ドラムを試してみた(動画)

タライに水を張って、ボウル系の丸い底の容器を浮かべるだけ。 簡単な割にはいい音がするのでおすすめ。 説明するよりも、動画を見てもらった方が早いので今回は動画です。 よろしく。 KORG/CH-01 電子パーカッション クリップドラムキット Drum Kit CLIPHIT【コルグ】【送料無料】楽器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・竹しゃもじのパタパタ鳴子

元記事は↓ http://kanehiro3.at.webry.info/201410/article_1.html こちらを踏まえてからこの記事をご覧下さいね。 さて、これをワークショップ用にアレンジしました。しゃもじは100均で買いました。 変更点は、牛乳パック→工作用紙(厚紙)2cm×30cm ペット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑司が谷の手創り市でした

2015年5月17日(日)に雑司が谷の手創り市に出店しました。 意外にファンになってくれている方がいらっしゃいまして、新作を待っているっぽかった。 もっと頑張ろう! お買い上げ下さった皆さん。ありがとうございました。 今回でレインスティック(普通サイズ)は完売しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手創り市のお知らせ

5月17日(日)9時~16時 雨天中止。 雑司が谷の大鳥神社境内に出店します。 鬼子母神は第一会場。大鳥神社は第二会場になります。 アクセスマップ http://www.tezukuriichi.com/access.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バードコール

これは楽器ではないかも知れないが、音が出るモノなので作ってみた。 材料は、普通は樹皮のついた枝を適当な長さにカットしたものを使う。 今回は杉の角材を使ってみた。 ドリルで4.5mmφの穴を開けた。 蝶ネジ5mmφをネジ込む。 これだけだと固いので、ネジ込み→はずす→ネジ込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more