輪ゴムギター (牛乳パック丸ごと)

画像


牛乳パックを丸ごと使った。
材木を通してギターにしたのである。

<材料>
牛乳(ウーロン茶)パック、はば4センチ長さ30センチ厚さ9ミリの板1枚
はば4センチ長さ22センチ厚さ9ミリの板1枚
ブリッジ用の木材、割り箸、ヒートン4個、輪ゴム(大型)2本


今回も近所のスーパーで安くて人気のウーロン茶1500ml入りのパックだ。
ふつうの牛乳パックより大きい。

まずはネックを通す穴をあける。
穴を切り抜かず、外に広げる。


画像


反対側は完全に切り抜いてしまう。

画像


長さ30センチ、はば4センチの板を通して、ボンドで接着。

画像


パックから突き出した板の上に長さ22センチの板をボンドで接着。
これがネックになる。

画像


ブリッジの木材は長さ6センチ。
パックの表面はつるつるしてボンドがよくつかないので、G17という特殊な
接着材を使ってはりつけた。

画像


つぎに、ネックのりょうはしに2個づつヒートンをねじ込む。
ここに輪ゴムをひっかけるのだ。

ネックの先の方には割り箸をはりつける。

輪ゴムはふつうのものよりも太くて大きなものを使った。
大きな輪ゴムの方が大きな音が出る。

中で響いた音が外に出て来るように、丸い穴を表面にあけた。
これはコンパスカッターを使えばかんたんだ。

では音を聞いてみよう。





まずまずの音が出た。

横から見た写真を最後にのせておく。

画像


★図解

画像

"輪ゴムギター (牛乳パック丸ごと)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント