マドラーの実力を見よ!ちょいむずカリンバ!

画像


前回「お手軽カリンバ」を作ったら、
マドラーたちが騒ぎ出した。

「ぼくたちの力はこんなもんじゃないよお!」

それじゃ本気が出せる舞台を作ってあげよう。

「わーい!」

というわけで、
スチロールのトレーよりもしっかりした素材を今回は用意した。

木の箱~!(ドラえもん風に)

マドラーは8本セットできるようにしよう。
丁度1オクターブだ。

穴を開ける位置はきちんと定規ではかった。
横方向は23ミリ間隔。
対になっている穴と穴の距離は40ミリ。

底板にキリで穴をあけてゆく。

画像


マドラーの太いところの幅が12ミリなので、
穴の幅も12ミリ以上必要。
キリで穴を3個1組で開けてゆく。

画像


そして、穴と穴の間はカッターで切り離す。

画像


穴が開いたので、マドラーを差し込んだらパキッ!
折れてしまった。
曲げる角度が大きすぎたのだ。

どうすればいいのだ?
そうだ!
穴のフチをやすりでけずってやろう。

下の絵は断面図。
マドラーがぶつかる角をけずるのだ。
そうすればきっと……うまくいく。

画像


やすりがけの作業はかなり面倒だった。
一時間以上かかった。
トレーバージョンがいかにお手軽であったことか!

画像


さて、マドラーを差し込んでみよう。

画像


今度は折れない。大丈夫だ!

画像


8本のマドラーがきれいに並べば、完成。

画像


ラインダンスのようにマドラーたちが踊っている。

画像


裏はこんな風。

画像


ではいよいよ演奏の時が来た。
マドラーが本気で歌うとどんな音が出るのか?
それがいま明らかになる!





どうだろう?
私はおどろいた。
今までまったく聞いたことのない音だ。
本家のカリンバとも全然違う。

ところで、
カリンバと言えば、雑音を発生するリングをつけるのが定番だ。

それも試してみよう。
プラの軽いマドラーには同じく軽いストローの輪切りがバランス的に
よさそうだ。

いろいろ試した結果、できるだけ細く切ったストローが良いとわ
かった。

画像


ではマドラーカリンバ(ストロー付き)の音をどうぞ!





これは久々のヒットかも知れない。
あたかもエフェクターをかけているみたいに聞こえるけれど、
そのままマイクで拾っただけの音だ。

この音が生でポンと出た時は思わず「ワオ!」と叫んだよ。(マジで)
それもかなり大きめの「ワオ!」だ。

このカリンバは前回の「お手軽」よりはちょいむずかしいので
タイトルに「ちょいむず」とつけた。
それでも箱に穴を開けるだけなので、従来のカリンバよりも簡単だ。
小学生の工作の宿題などに役立ててほしい。
材料費は210円。2時間ほどで完成する。

いやー手作り楽器って面白いですね~。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 108

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

レッツ・カリンバ!
2013年07月16日 06:05
はじめまして。
とても興味深い記事ばかりです!

この記事のカリンバを自分でもマネして作ってみて、
いい感じにできたのでYoutubeにアップしました。
不要かもしれませんが一応リンクのご報告です。
http://youtu.be/cQdgeCjaSkM

ストローをつけることでエコーみたいな効果が
得られるのは不思議ですね。
他にも「箱のどこに穴を開けると効果的か」など
いろいろ研究してみたいと思います。
かねひろ
2013年07月17日 07:44
動画見ました!オリジナルにそっくりなので驚きました。よく再現できましたね。このタイプの弱点はプラスティックのキーの弾力がすぐにヘタる事です。ギターの弦のように頻繁に交換する、そんな楽器だと思えばいいかもです。
つくりました!ゆーぅ
2013年08月17日 17:10
つくりました!!
めっちゃ参考にさしてもらって、たすかりました!!!!
なおみn
2014年01月06日 22:09
すごい!!
我が家でもこちらの作品を参考に(いや、大分まねっこ)
作らせていただきました。
カッターで穴あけるのが、すっごい大変でした。

箱が大きかったので、#シャープの半音も
作れました。

今、息子がすっごい演奏にはまってます。

ホント、楽しかったです。
有難うございました。
かねひろ
2014年01月09日 09:34
>なおみnさん

「すっごい大変」でも完成して良かったですね!
チューニングは難しい楽器なので、半音も作られたのはすごいです。
どうもありがとう。
菜々緒
2018年08月16日 11:31
やり方が細かく書いてあって、わかりやすいです。ストローは、どうやって付けたんですか?そこが知りたいです。
かねひろ
2018年08月23日 10:11
ストローの輪切りのどこかを切ってマドラーに付けてます。
だからストローは閉じた輪ではなく、切れている訳です。

この記事へのトラックバック