木箱で2弦ギターを作る!

画像


おくればせながら、あけましておめでとうございます。

さて、新春第一弾はギターであります。
一番簡単に作れるギターを目指したものの、
意外にメンドーで3日かかってしまった。

<ざいりょう>

木の箱(100円ショップで買った)
ラワン材 厚さ14ミリ、幅30ミリ、長さ適当
アガチス材 10ミリ×20ミリ×60ミリ 2本
ベニヤ板 そのへんに転がってた端切れ
三角材 10センチほど。
竹串
竹ひご
ワッシャー
テグス 10号と30号


木箱はもともと取っ手用の穴が開いていて、
そこにネックを通せば楽勝に思えた。

だが穴の位置がほんの少しずれているので
ベニヤで完全にふさいでから開け直した。

画像


飛び出た角材にボンドを塗る。

画像


ネックを接着する。
クリップで固定。
大きなクリップをいくつか用意しておくとクランプに代わりに使えて便利だ。

画像


表板にサウンドホールを開ける。
キリで開けてから、リーマーで広げた。
位置と大きさは「このくらいかな」。
つまりは適当。

画像


穴のふちはサンドペーパーで仕上げた。

画像


ペグはアガチスの角材から削り出す。
作る前は「あーメンドクサイな~」と思うのだが、
始めると手が勝手に仕上げてくれる。
手づくりらしく荒削りでかまわない。

画像


ブリッジは三角材でベニヤを挟んで接着すればできあがり。
ベニヤのフチは削って薄くする。

画像


そうこうするうちに、ネックのボンドが乾いた。
裏側に補強用の木ネジをねじ込んでおく。
接着と同時にネジ込むとズレてしまうことが多いので後からやるのだ。

画像


さて、表板を接着しよう。
木箱の接着面にたっぷりボンドを塗る。

画像


板を乗せる。
ギター作りを知っている人は「あれー表板の裏に力木は?」と思うだろう。
付けないのである。
なくても鳴らない訳ではなかろう。

画像


重しを乗せる。

画像


ブリッジ(サドルと呼ぶ?)を下から三分の一あたりに接着する。
このへんが一番鳴るのだ。
理由は知らん。
何度も繰り返し実験した結果判明した事実である。

画像


ナットは竹串を削って作った。
ボンドで接着。

画像


弦の取り付け部分は角材に穴を開けておく。
例によってワッシャーを結びつけたテグスをこの穴から通す。

画像


ペグにはピンバイスで弦を通す穴を開ける。
位置はネックにセットした状態でよく考える。

画像


さて!
ここからは根気のいる作業になる。
竹ひごをネックの幅に切って、フレットにする。
チューニングメーターで音を聞きつつ位置を決める。
決めたらその位置にボンドで貼付ける。

計算式でフレットの位置を割り出すとなぜか音が合わない。
特に第一フレットの位置は大幅に計算値と実音は食い違う。
ネックの作り方に重大な間違いがあるのか?
フレットはちまちまと21フレットまで貼った。

画像


組み立てはこれで終わり。
あとは、ネックの裏の角など、気になる角という角をやすりで丸める。
これで完成である!

画像


ペグ部分のアップ。
ギターのネック先端は後ろへ折れているものだが、
ストレートでもちゃんと鳴る。

画像


ワッシャーで固定されたテグスの末端。
見てくれは悪いがとても安定する。

画像


ウクレレとの比較。
2弦ギターは全長71センチ。
弦長54センチ。

画像


では演奏します。
どぞ!





作るのはめんどうだけど、やはりフレット楽器は弾きやすい!
これは使える!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 39

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

SUZULING・KIRARA
2008年03月31日 21:23
こんにちは、私は大阪に住んでいます。つい3日前まで上海の幼稚園で働いていました。以前の日本での仕事はこどもたちに絵画造形を教える講師でした。帰国した理由は自分の夢を叶えたいからです。
その夢には、子どもたちと手作りの楽器をつくることが盛り込まれています。しかし私は楽器を手作りしたことなく、上海でこのブログを見させて頂き、帰国したらぜったいコメントしようと決めていました。
もしできるなら、私自身、お伺いして楽器の作り方を伝授してほしいのです。ブログ上のいろんな楽器もつくりたいと思っています。
すべての材料費は負担しますので、どうぞ宜しくお願いします。
ぜひこどもたちにモノつくりの楽しさを伝えたいと思っています。
かねひろ
2008年04月02日 11:30
>SUZULING・KIRARAさん

コメントありがとうございます。
折角のお申し出ですが、何かと多忙でご期待に添えません。申し訳ない。

最初は「楽器」の形にこだわらず、目の前にころがっているいろんな物を叩いてみてはいかがでしょうか。
ペットボトルを叩くだけで1週間は遊べますよ!
音を発見する楽しさ、それがすべてです。
SUZULING・KIRARA
2008年04月02日 21:14
お返事有難うございます。そうですね、いろんなものの
音探しをするのは発見がたくさんあっていいですね。
ギターはでもがんばって作ってみます。
ギターを弾いたことがないので
心配ですが、このブログをみつつがんばってみます。
コメントをしてくださりありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • 手作り楽器で合奏(4)「モノリンの旅立ち」

    Excerpt: とっても怪しい写真になってしまい申し訳ない。 多重録音の作業風景はいつもこんな感じだ。 Weblog: 手作り楽器でワオ! by かねひろ racked: 2008-02-06 08:02
  • 2008年ワオ!ベスト10

    Excerpt: 2008年に発表した記事の中からアクセス数ベスト10を発表しよう。 君の心に残るあの楽器は何位に入ったかな? Weblog: 手作り楽器でワオ! by かねひろ racked: 2008-12-31 01:15