フリクション・ドラム

画像


かんたんなわりには、おもしろい音が楽しめる楽器だ。
ん?楽器なのかな~?

<材料>
ヨーグルトの容器(紙製のもの)
絹糸

厚紙
ボタン
松やに




では作り方だ。
まず、棒の上からちょい下にボンドをぬった厚紙を巻き付ける。

画像


次に、ヨーグルトの底に穴をあける。
写真ボケボケでごめん。

画像


穴に絹糸を通す。

画像


通した糸の先にボタンを結びつける。
ボタンがなかったら、ようじでも、マッチ棒でもいい。

画像


反対側の糸の先にはワッカを作る。

画像


棒の先に松やにをこすりつける。
写真の松やにはチェロ用で700円。
もっとやすいものもある。二胡用の松やにが比較的安い。

画像


糸のわっかを棒の先にひっかけたら完成!

画像


棒を持って、ヨーグルトの容器をぐるぐる振り回すと不思議な音が出る。





どうだろうか?
糸の長さはあまり長いと回しにくい。

この楽器はフリクション・ドラムと言って、昔からある楽器だ。
蝉の声がする楽器、と説明されている本もあった。
でも今回の音は蝉じゃないよね?

みんなも別の材料で挑戦してほしい。
蝉の声が出たら教えてね!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 手作り

    Excerpt: 手作りでの検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。 Weblog: 一語で検索 racked: 2007-10-26 00:33