でんでん三味線

画像


これはな~に?
そう、でんでん太鼓だ。105円で買って来た。(長さ20センチ)
今回はこれを使って、三味線をつくるのだ。

まずはでんでん太鼓の柄(え)にベニヤ板を木ネジでとりつける。
なぜ木ネジで?
でんでんはプラスチックなのでボンドでくっつけられないから。
さ、ネジをつける位置にピンバイスで穴をあけるよ。
ピンバイスは小さな手動ドリルだ。

画像


ついでにここにも穴をあける。
ここにはあとでヒートンをつけるのだ。

画像


ネジをつけるには穴が小さすぎたのでキリで穴をひろげているよ。
横に見えるベニヤ(13センチ×1.5センチ)をネジでとめる。
ベニヤにも穴をあけておく。

画像


ベニヤをとりつけた状態の写真をとりわすれた。
これはベニヤに角材(1センチ角、長さ15センチ)をボンドではりつけたところ。

画像


ボンドがかわいたら、でんでんの胴と角材の先にヒートン(先が丸い金具)をねじこんで、輪ゴムをひっかける。
胴のところには三角材で駒(こま)をつくって置く。(接着はしない)
駒(こま)には輪ゴムがずれないようにカッターでミゾをきざむ。

画像


ところが、輪ゴムをつけてみたらちょっと張りが弱い。
そこで角材をつぎたしてヒートンをつけなおした。
でもまだ足りなかったみたいだ。
もしもこれからつくる人がいたら、角材の長さは18センチにしよう。
下は横から見たところ。

画像


駒(こま)とヒートンはこんな風についている。

画像


つぎ足した角材の先。

画像


この三味線はミニチュア楽器で、
見た目はとてもかわいいのだけど、小さすぎて弾きにくい。
指で弾くのはかなりむずかしい。
そこで木を削ってバチを作って弾いてみた。





画像


でんでん三味線は、三味線にした後でもでんでん太鼓としてちゃんと使える。
でも、君が三味線をつくってみたいならばもっと大きく作る方が楽だし、よい楽器ができるよ。
どうやって作ればいいのかって?
それは自分で考えようよ!
君ならきっとできるよ。

そうそう、
でんでん三味線は弦(ゴム)が2本だから「二味線」と呼ぶべきなのだけど、
呼びにくいので「でんでん三味線」にした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 一弦だけど三味線

    Excerpt: 簡単ぽいがそうでもない。 一弦だけど三味線だ! Weblog: 手作り楽器でワオ! by かねひろ racked: 2008-01-28 23:11