空き缶の笛

画像


空き缶のプルタブを取り、ストローをセロテープで貼付ける。
それだけで笛ができる!

ストローは先端を平たくつぶしてから適当な長さに切る。
よく鳴るポイントがある。
その位置がわかったらセロテープ(ガムテープでも良い)でストローを貼付けるのである。

こんな音が出た。




面白いので、いろいろ作ってみた。
画像



大きな缶の方がやはり音が低くなる。



しかし、高さが同じならば太さが違っても音の高さは同じであった。

2つをいっしょに吹いてみた。




もっと大きな笛を作りたくなり、
ネスカフェのビンにプラ板でふたを作り、笛にしてみた。
ちゃんと音が出た。




流れとして、3つ同時に吹いてみたのであるが、これがどうもうまく鳴らない。
録音して聞いてみると2つ同時よりも弱々しい。




空き缶の笛はまだまだバリエーションが作れそうだ。
おどろいたことに、笛は弦楽器ほど材質が音色に与える影響が少ない。
ガラスでも金属でも同じような音色だ。

今回はサウンドファイル満載でお届けしました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 手作り楽器で合奏(4)「モノリンの旅立ち」

    Excerpt: とっても怪しい写真になってしまい申し訳ない。 多重録音の作業風景はいつもこんな感じだ。 Weblog: 手作り楽器でワオ! by かねひろ racked: 2008-02-06 08:02
  • ワオ!ベスト10

    Excerpt: 「手作り楽器でワオ!」で一番アクセスのあるページ(楽器)はどれだろう? さあ、それが今明らかになる。 Weblog: 手作り楽器でワオ! by かねひろ racked: 2008-03-03 17:19