手作り楽器でワオ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 小さめの竹カリンバ試作

<<   作成日時 : 2016/01/13 16:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

竹のカリンバの、楽器として使える(鳴る)最小サイズを探る。第一弾。

ベースの板はハガキ大のものを使う。まずは角をカット。
画像


角を丸める。
画像


紙やすりで仕上げる。
画像


巾7mmの竹材を9cmに切ってブリッジを作る。ここは硬い素材の方がいい音がするので竹を使う。
画像


1/4分割された丸材で竹を挟む。
画像


高さが足りないので、板に乗せる。
画像


ベースに貼り付ける。
画像


枕木を貼り付ける。
画像


ネジが突き抜けそうなので、裏打ち材を貼り付ける。
画像


表から見るとこんな感じ。
画像


枕木も高さが足りないっぽいので、竹を貼り付ける。
画像


押さえバーは半丸の木材を貼り合わせて作る。これは丸材がなかったから。
画像


ドリルで4.5mmの穴を開ける。ネジの太さが4mmなので。
画像


鍵(キー)の竹は5mm巾を使う。
画像


鍵(キー)の先端は角を丸める。さらに、先端にむかって薄くなるようにカッターで削る。
画像


太さ4mm、長さ30mmのネジで留めれば完成。
画像


これ以上ベースの板を小さくすると、非常に弾きにくくなる。音はこんな感じ。




今回は小さくするため、ノイズを乗せるための仕組みを省略した。なので、音色としてはちょっと物足りない。
チューニングは1オクターブにしたが、気ままにポロポロ弾くなら音を減らした方がいいかも知れない。
画像


画像


工作上、難しい所はない。しかし、ドリルがないと厳しい。



カリンバ S チューニング済/解説パンフ付 03アフリカの風
アフリカンスクエアー
サイズ:約H15×W10×D3 素材:木・鉄・アルミ原産国:タンザニア焼き模様の定番タイプ、Sサイズ


楽天市場 by カリンバ S チューニング済/解説パンフ付 03アフリカの風 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小さめの竹カリンバ試作 手作り楽器でワオ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる